こんにちは。形山会計の大塚です。

実は、生命保険を勉強する前はとても不安な問題だったのです。
為替ってお金が減っていくんではないか?その通貨が破綻したら?
手数料がかかるんじゃないの?自分でするのは不安。

1ドル=100円のときは、1000ドル=100,000円
1ドル= 80円のときは、1000ドル= 80,000円

では、保険に入る際 米ドルや豪ドルって為替リスクがあるんじゃないの?
と思ってしまう。
本当にそうなのでしょうか・・・

米ドル、ユーロは 【 世界二大通貨 】 日本円、英ポンドどちらかを加えると【 世界三大通貨 】
基軸通貨になるためには軍事的指導的立場にあること、発行国が多様な物産を産出していること、通貨価値が安定していることなど条件があります。日本は基軸通貨にはなれません。なぜかというと、軍事力がないからです。
考えてみると、基軸通貨ではない日本円。
その日本円だけの貯蓄だと選択肢が1つしかないです。その方が不安になりました。
米ドルは基軸通貨であることや世界の情勢などでドルの価値の差はあることを理解していれば
米ドルも持っていたほうがいいことを感じました。

実はある保険に入る前、このような保険の勉強すると意外と怖くないことを感じました。
知らないから不安だったんです。
どういう仕組みでどのくらい受け取れるのか。
例えば、1ドル何円になるとどれくらいの差があって影響があるのか。
ただの貯金なのか。保障はどうなるのか。受け取るとき、円高になってたら。

全部調べてみると、すっきりしました。目的にあった生命保険の入り方は大事ですね♪
今は円高なのでお得ですね(^^)