夏の習慣が「がんリスク」を高めてしまうこともあるのです!!

(1)夏バテ
最近は猛暑が続き、夏バテになる方も多いです。そのなかでも特に日頃から
運動や仕事で汗をかかない人は夏バテリスクも高まります(^^)
疲れた体は免疫力が低下しやすく、病気のリスクも高めてしまいます><

(2)薄着
夏になれば薄着になる季節です。
外で紫外線の浴びすぎで皮膚がんのリスクを高めてしまいます。
気象庁で発表によると、1980年から2010年で最大18.5%増加しているそうです。
(紫外線はお肌に大敵です。紫外線をあびることで肌を酸化させ老化を進行させてしまいます。
紫外線がシミだけに影響するんではないんです!!!たるみやしわにも影響します。
女性からすると、紫外線はお肌に大敵なのです。)
しかし、紫外線にはメリットがあります!殺菌作用・免疫力を高めるなど、、
人間にとって必要不可欠なある重要な役割をもっています♪♪
浴び方を注意した方がいいということです(^^)

(3)冷たい食べ物
冷たいものを食べる機会が増えます。特に夏は、アイスをよく食べてしまいますね♪
がん細胞は冷たいものや糖分が大好きなので、
これらを頻繁に食べるとがん細胞を元気にさせてしまうリスクを高めてしまいます。

日々気をつけることが大事だなと感じました。♪

「 がんリスクを抑える夏の旬の食品 」
(1)トマト (2)梅干し(3)にんにく(4)しょうが です。