< 相続税対策に有効な生命保険 >

① 非課税枠により、相続税を軽減が出来る

死亡保険金を受け取る際に非課税になる枠があります!

法定相続人1人あたり、500万円の非課税枠です。
法廷相続人が3人だった場合は1,500万円まで非課税となります。
現預金で持っていれば、全て課税されるのに、
生命保険だと1,500万円まで非課税となり、相続財産の圧縮が出来ます。

② 納税資金等の準備が出来る

相続財産として何を想像しますか??不動産や土地ではないでしょうか。
不動産が相続財産で占めていて、現預金が少ない場合。相続税は現金での一括支払が基本です!
そうなると現預金が少ない場合払えませんよね(^^)そのときに活用できるのが生命保険♪♪
生命保険の死亡保険金の入金は「死亡保険金請求書が保険会社に届いてから5日~1週間程度」です。
相続税の支払はなくなってから10ヶ月以内なので生命保険があれば納税資金の準備ができます♪♪

③ 受取人の指定が出来る

被相続人がなくなったときに死亡保険金が支払われる保険契約で
受取人を明確に指定している場合は保険金は受取人固有の財産となり、相続財産に含まれません。
また受取人を指定していることで被相続人の意向が反映出来ます。
また、負債に関する相続を回避するなどの理由で相続を放棄している場合でも保険金を受け取ることが出来ます。

相続対策には生命保険も考えてみてください♪♪